【大セール中!?】ADK(Aidos Kuneen)の魅力について解説!

 

ADK(Aidos Kuneen)とは?

ADK(Aidos Kuneen)とは、匿名通貨で、送金手数料がかからず、富裕層をターゲットにしている通貨です。

そして何より仮想通貨の億り人の中には実は持っている人が多い通貨なんです。

2017年12月26日、関西のTVで『スタジオに絶対来られないスゴイ人』

「仮想通貨で億り人になった人」として、一年で資金10万から5億を達成したニシノカズさんが

ADK2,000万円分を購入してその後20倍になったことで、話題になっている通貨です!

ADKの狙いはオフショア銀行領域

ADKの狙っている市場は「オフショア銀行」です。
オフショア銀行とは「租税回避地」と言われていて、合法で税金を払わなくてもいい国に作られた銀行です。

詳しくはこちらの記事にオフショア銀行について書かれているので、目を通してほしいのですが、オフショア銀行の市場は3,300兆円にもなります。

税金を免れるだけでなく、オフショア銀行に資金を預けているものだけが利用できる高利率の投資商品の購入などができるため、世の中の大富豪やAppleやGoogleなどの巨大企業もこのオフショア銀行に資産を預けているんです。

世の中の金が集まってくる領域をADKは狙っているので、夢がありますよね。ちなみに仮想通貨の市場の約300倍です

ADKの特徴

iMesh技術を採用

ADKはDAGという技術を元にしたiMesh技術を採用しています。
ビットコインなどのブロックチェーンとは違う技術を使っています。

ちなみにDAGを使っている通貨で有名なのは「IOTA」などがあります。ADKは3番目にDGA採用した通貨なんです。なので、まだまだ新しい技術である点が若干まだ不安な要素を残しているとも言えます。

このiMesh技術の革新的なポイントは、マイニングが不要な所です。

手数料がかからない

上でも書いてしまいましたが、ADKはマイナーが存在しないので取引手数料がかからないんです。無料だと何がいいかというと、マイクロトランザクションいわゆる、少額の取引を何度も行うことができるんです

仮想通貨のメリットの一つが、発展途上国の出稼ぎ労働者が母国の家族にお金を送金するのが①楽に②手数料を安く、が挙げられます。そのような視点で見ると、少額での送金でも手数料が全くかからないという時点で、ビットコインなどに比べて実用的ですよね。

匿名性通貨

ADKはI2P技術というものを使っているので、匿名性通貨なんです。さらにAKshuffleというものを実装しているので、トランザクションが100%わからなくなり、追跡ができないことも特徴です。

オフショア地域×匿名性通貨の掛け合わせなので、ADKは犯罪を助ける通貨と思われがちですが全然違います。

前向きなニュースも♪

購入できる取引所は?

ADKは現在AidosMarketという取引所のみで上場しているため、購入するにはこちらの取引所を登録する必要があります。

ちなみにこのAidosMarketは、「セキュリティが安全な取引所」としてもランクインしていますよ♪

ブログランキング参加中!応援お願いします!



友だち追加

LINEの友達追加からQRコードを読み取ってください
LINE@
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -